永田紗戀

HOME > 作家紹介 > 永田紗戀

永田 紗戀

ながた されん Nagata Saren

私の想う「愛」という字の “心” は、てんてんじゃなくて
お花がいっぱい咲いている。
私が伝えたい「感謝」という字の “心” に花束をもたせて、
ありがとうと伝えたかった。
「がんばれ」じゃなくて「わかるよ、私も同じだよ」という言葉を伝えたい。

女性ならではの言葉が「詩」になり、
その詩からイメージした「漢字」は、その詩を表現するように鮮やかな彩色と
女性らしい線筆豊かな書として華やかに舞う。
詩は英語に変化し、和と洋が織りなす自由な書の世界は、
国内外で多くの女性に支持されている。

公式サイト I am SHOZYO

pdf_32x32.png作品カタログはこちら

face_nagata.jpg

nagata_kansya.jpgnagata_kansya.jpg

感謝
330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_cocoro.jpgnagata_cocoro.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_mamoru.jpgnagata_mamoru.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_rin.jpgnagata_rin.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_emi.jpgnagata_emi.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_heiwa.jpgnagata_heiwa.jpg

平和
330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_ai.jpgnagata_ai.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

nagata_kizuna.jpgnagata_kizuna.jpg


330×240mm
書(墨+顔彩)

略歴

1981年 千葉県浦安市生まれ。
幼少の頃から数々の書を学び、自分の腕で生きたいと15歳で高校中退。
21歳で師範免許取得。23歳でフリーとして活動開始。
作品はまず「詩」を書き、そこからイメージする「書」を書くという二部構成で仕上がっている。
女性ならではの素直な言葉と、そこからイメージする彩色豊かな作品、もっと漢字の意味を感じてほしいと
「花咲く漢字」を創るなど、書道の枠を超えた自由な雰囲気が多くの女性から支持されている。
作品は海を越えヨーロッパでも展開中。2009年長女出産。

■個展
ハナエモリビル・ホテル日航東京はじめ、商業施設などで多数開催

■仕事例
「花の慶次 名言録」題字(大野信長著・学研)「寿司の磯松」(東京・品川)など飲食店ロゴデザイン多数

■メディア
FM「NACK5」出演・CSアニマルプラネット出演・TOKYOMX出演・日本TV「思いっきりDON」
週刊アスキー・ブライダル情報誌ゼクシィ・DIME 他多数 

■講演
TED@xYourthSeeds2011 20代日本代表・登壇など

■講師
国立法人 筑波大学附属小学校/書写ゲストティーチャー(2部3年桂聖学級)
・「夢の学校」書道講師 ・「はじめての書道」プロデュース 他

■著書
「紗戀 Saren」(株式会社 高陵社書店)
「私はここにいる ~Here I am~」(株式会社 友人社) 
「勉強がキライなあなたへ」(株式会社 高陵社書店・清水章弘著/挿絵(書)永田紗戀)

■Twitter
Saren1981  

■Facebook
http://facebook.com/saren.nagata